インキュナブラコレクション

  •  
  • 全 4 ページ中 1 ページ目
  • next

007

ヴァンサン・ド・ボーヴェ 『自然の鑑』

Speculum naturale

『諸学の鑑』、『歴史の鑑』、及び後代の追加である『道徳の鑑』と共に、13世紀のドミニコ会士ヴァンサン・ド・ボーヴェ(Vincent de Beauvais)による『大いなる鑑』(Speculum maius)の中の一巻(IKUL 008, 009, 037参照)。本書『自然の鑑』は『歴史の鑑』の要約を含み、『歴史の鑑』には『諸学の鑑』と『自然の鑑』の要約が含まれている。『自然の鑑』は創世記の天地創造の6日間に枠組をとり、始めに神、天使、悪魔について述べた後、天地創造の第一日目に倣い光や色等について記述する。続いて、第二日目に倣い天空や大気等が扱われ、同様に、三日目に水、大地、鉱物、植物等、四日目に星や季節、五日目に鳥類や魚類、六日目に動物や人間の記述が、それぞれ扱われる(Ullman, pp. 320-21)。『大いなる鑑』全体では、神とその被造物が『自然の鑑』で網羅された後、原罪を背負った人間の営みを記述する『歴史の鑑』を通して贖罪の必要性が示され、その贖罪を可能にする学問教育が『諸学の鑑』で扱われる、という構成になっている(Higgs, pp. 946-47)。
印刷者であるアドルフ・ルッシュ(fl. 1466-89)は自分の印刷物に名前や刊行年を記さなかったため、ルッシュと確認されるまでは、独特の形をしたローマン体活字の大文字R(フォリオ175r参照)が用いられていることから、‘R’の印刷業者(R-Printer)と呼ばれていた。シュトラースブルク(現・ストラスブール)最初の印刷業者メンテリンと共に働き、後にその娘の一人と結婚し、1478年に工房を継いだ(IKUL 008参照)。義父メンテリンもドイツにおけるローマン体を用いた印刷の先駆者だったが、明確にローマン体と分かる活字を使用したドイツ最初の印刷工はルッシュである(Glaister, p. 429)。
慶應所蔵の『自然の鑑』は上下2巻に分かれ、両巻とも製本内側の糊付けされた見返し紙に、ヘブライ語の写本の断片が使われている。両巻とも、本文初めの装飾頭文字等、大型の頭文字が赤や青のインクで入れられているが、一部塗りつぶしがない箇所もあり(上巻フォリオ74v)、空白の箇所(下巻フォリオ305v)や、不完全な箇所(上巻フォリオ175r)も存在する。大型頭文字のIには、余白に細長く入れる場合(上巻フォリオ40r参照)と、あらかじめスペースが設けられそこに入れられる場合(上巻フォリオ46v参照)とがある。依拠する原典が変わった時には区切りとして赤でCのマークが入っているが、そのマークは時折2行にまたがって描かれる(下巻フォリオ191r参照)。上巻のフォリオ2r、下巻の9r、100rの書き入れに加え、両巻とも表ページの上方の余白に折記号を書いた跡が一部残っている。IKUL009(『諸学の鑑』)同様、ロンドン好古家協会会員だったエリック・セクストン(Eric Sexton)の旧蔵書で、上巻には題や印刷地などを記した紙の上に蔵書票を張ったものが表紙裏に貼付されている。下巻にはセクストンの2種類の蔵書票が、一つは表紙裏に直接貼られ、一つははがれて挟まっている。

【参考文献】
Glaister, Geoffrey Ashall, Encyclopedia of the Book, 2nd edn (New Castle, DE: Oak Knoll; London: British Library, 1996)
Higgs, Elton D., ‘Vincent of Beauvais’, in Dictionary of World Biography, ed. by Frank N. Magill, 10 vols (Chicago, IL: Dearborn; Pasadena, CA: Salem, 1998-2000), II (1998), 946-48
Ullman, B. L., ‘A Project for a New Edition of Vincent of Beauvais’, Speculum, 8 (1933), 312-26
Voorbij, J. B., ‘Bower's Use of Vincent of Beauvais’, in ‘Scotichronicon’ by Walter Bower in Latin and English, ed. by D. E. R. Watt and others, 9 vols (Aberdeen: Aberdeen University Press, 1987-98), IX, 260-80

(YO)

詳細情報

Author
Vincentius Bellovacensis [Vincent de Beauvais]
Place of Publication
[Strassburg]
Printer
[The R-Printer (Adolf Rusch)]
Format

fº

Date of Publication
[not after 1476-06-15]
Binding

Contemporary blind-stamped calf over wooden boards; vol. 1 in dark calf with scattered tools including a circular 'his' tool; vol. 2 in lighter calf with simple interlocking fillets at covers; both rebacked, preserving original spines.

Bibliographical Notes

2 vols; vol. 1, 368 leaves (of 370), without preliminary and final blank; vol. 2, 327 leaves (of 328), without final blank; unfoliated and unsigned; spaces for initial capitals; 12-line initials supplied in red and blue; initials at text openings in both volumes illuminated in red and blue with floral decoration extending into the margins.

ISTC
iv00292000
Reference: 
Goff V292, C 6253=6256, BMC I 64, IJL 294, IJL2 379, PP 66, T 23
Shelfmark
143X@6@2@1-2
Acquisition Year
1981 (from Sexton Sale at Christie's New York in 1981)
Provenance: 

1. Herschel V. Jones. 2. Eric Sexton (bookplate), Christie's 1981, lot 165.