浮世絵コレクション

富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

Thirty-Six Views of Mt. Fuji : Under the Wave off the Coast of Kanagawa

西洋世界では「ビッグ・ウェーヴ」の名で知られた名品。大きな弧を描いて躍る沖合いの波頭と、それに翻弄される舟との対比が劇的に演出される。計算された幾何学的な構図も去ることながら、本来主役であるべき富士山がまるで狂言回しのように、遠くで小さく踏ん張るようすがみるものの心をとらえる。
千変万化の水を描きとらえることに執心した絵師北斎の、ひとつの回答が提示されたともいえる作品。十九世紀の欧州へも強烈なインパクトとともに紹介され、ゴッホとその弟との書簡のなかにも登場する。本図に触発されたドビュッシーは交響詩「海」を書きあげたほどだ。文政末期〜天保初期の作。

詳細情報

作者
葛飾北斎
作者英名
hokusai
画題
富嶽三十六景
画題2
神奈川沖浪裏
請求記号
200X@4-20
制作年代
19M
版元
[西村屋与八]
版型
大判錦絵
寸法
25.0×37.1
署名
北斎改為一筆