インキュナブラコレクション

041b

『法学書読解入門』

Modus legendi abbreviaturas

本書は、おもに教会法や市民法の文献に用いられている略語の解説書である。索引が付され、法学書を読むために便利な手引書として用いられたと思われる。著者の名前は明記されていないため、長年のあいだ著者不明とされてきた。しかし、アクロスティック(acrostic; 本文中の各行頭などの文字をつづると語句になる)の手法を用いて自分の名前を本文中に埋め込んでいたことが判明し、Werner of Schussenriedという人物が著者であることが明らかとなった。自らが書き記した情報によると、この人物はシュパイヤーの郊外にある聖ゲルマヌス共住聖職者教会の参事会長だったと考えられる。
最初にこの著作が印刷されたのはおそらく1475年頃であり、シュトラースブルク(現・ストラスブール)、ニュルンベルク、ルーヴァン、パリなどで出版された。慶應本はパリの印刷業者ピエール・ル・ドゥリュが1495年に刊行した版で、インターネット版ISTCによると現存数は慶應本を除くと3点しか確認されていない。タイトルページと折記号k4vにRobert Oldredという署名が書き込まれている。

【参考文献】
Scholderer, Victor, ‘The Author of “Modus Legendi Abbreviaturas”’, Library, 3rd ser. 2 (1911), 181-82

本稿執筆にあたり、赤江雄一氏に貴重なご指摘をいただいたことを感謝ともに記します。

(ST)

詳細情報

Place of Publication
Paris
Printer
Pierre Le Dru
Format

8º

Date of Publication
1495/11/27
Binding

19th-century brown sheep, blind-stamped border, gilt lettering on spine, gilt edges.

Bibliographical Notes

74 of 76 leaves, lacking B1 and B2.

ISTC
im00750500
Reference: 
BMC VIII 190
Shelfmark
160X@49@1
Acquisition Year
2002
Provenance: 

Robert Oldred (title page; k4v)