福澤遺墨コレクション

漢詩 「人生幾許休漫説⋯」

(福澤関係文書 132)

原文(白文)

人生幾許休漫説 二百五十天寿真 清雅八旬纔過去 姥姑山上正催春 奉贈 姑山老先生 西人有言人生二十五歳而成体格十倍其数者則天寿也 諭吉

釈文(書き下し文)

人生幾許(いくばく)ぞ漫(みだ)りに説くを休(や)めよ 二百五十は天寿の真なり 清雅八旬纔(わず)かに過ぎ去りて 姥姑山上正に春を催す 姑山老先生に贈り奉る 西人言える有り 人は生れて二十五歳にして体格を成す 其の数を十倍すれば則ち天寿なりと  諭吉

詳細情報

種別
漢詩
署名
諭吉
関防印
「無我他彼此」(陰刻)
落款印
「福澤諭吉」(陽刻) 「三十一谷人」(陰刻)
本紙サイズ 縦×横(cm)
137.5×33.0
装丁
軸装1幅
福澤関連文書no.
132